• 若葉の家
  • 若葉の家

    外側鋼板壁の層は、1階が低く抑えた横長開口、2階を切り込みスリットとし、内側の全面ガラスの層の見え方をコントロールしている。

  • 若葉の家

    結界になる低い開口を抜けると光庭に出る。1階は事務室。

  • 若葉の家

    鋼板仕上は内部まで続く。

  • 若葉の家

    1階事務室。

  • 若葉の家

    階段の吹抜を通し、3階子供室の気配を感じることができる。

  • 若葉の家

    光庭に面し、螺旋階段の吹抜からも光が差し込む明るい居間。

  • 若葉の家

  • 若葉の家

    食堂から居間を見返す。

  • 若葉の家

    3階からの見下ろし。

  • 若葉の家

  • 若葉の家

    3階は外側鋼板壁の層が無くなり、ガラスの層だけが建ち上がる開放的な場になる。

  • 若葉の家

    密集地にあって、遠望が利く3階テラス。

  • 若葉の家

    都心の密集地にある行き止まりの細い路地に面し、三方を隣家に囲まれた木造3階建住宅。

    1階に事務室、2階が居間、食堂、水回り、3階が個室になっている。

    周辺環境と各階の用途によって、プライバシーの度合や視線、光などをコントロールするため、道路側には、境界近くとそこから1.8m内側に層をなす壁面を設定し、二層の間を光庭や最上階のテラスとした。

    内側の層は、出来るだけ開放感を出すようにスチールサッシの全面ガラスとし、それに対して境界近くの鋼板仕上の層は開口を限定している。

    1階部分は低く抑えた横長の開口があり、街に開きつつも結界となるように考慮した。

    2階部分は連続して横に切り込みを入れたようなスリットが開き、近隣からの視線をカットして主階に落ち着きを与える。

    3階ではこの外側の層が無くなり、ガラスの層だけが建ちあがって、遠望が利く開放的な場となっている。


    所在地 東京都新宿区若葉
    主要用途 住宅
    住人構成 夫婦、子供2人
    敷地面積 63m²
    建築面積 38m²
    延床面積 101m²(31T)
    規模 地上3階